LODEO利用規約

本利用規約は、株式会社サイバーエージェント(以下「当社」といいます)が運営する動画広告配信サービス『LODEO』(以下「本サービス」といい、第1条で定義します)を利用者(第1条で定義します)に提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。本サービスを利用されたことにより、本利用規約に同意いただいたものとみなします。

第1条(定義)
1.「本サービス」
各種広告媒体への動画広告配信サービス「LODEO」をいいます。

2.「利用者」
本サービスの利用を申し込んだ、アプリ・メディアの運営責任者をいいます。

3.「SDK」
ソフトウェア開発キットのことであり、本サービスを利用するために必要なソースコードなどファイル一式を意味します。

4.「広告掲載料」
本サービスに有料で出稿した場合の広告掲載料のことをいい、入札価格にクリック数またはインプレッションを乗じた金額となります。

5.「コンバージョン」
最終的な成果のことをいい、広告クリックもしくは、掲載されたページの広告表示を閲覧したユーザーが、何らかの広告主が定めたアクション(会員登録、店舗来店、決済、クリックなど)を行うことを成果といいます。なお成果の定義は個別に定められるものとします。

6.「広告掲載料金」
利用者が提供するアプリ・メディア上の広告枠の掲載に対し、事前に当社が定める基準単価に基づき算出された、当社が利用者に支払う料金のことをいいます。

7.「申込書」
利用者が本規約の全てに同意の上、利用者登録し、本サービスを利用するための指定フォーマットの書類をいいます。

第2条(利用者登録)
利用者登録は、当社所定のお申込方法(申込書の提出等)により、お申込みいただきます。
当社は、本サービスの利用希望者より前項に定めるお申込みがあり当社の承諾があった時点で、本利用規約に同意いただいたものとみなし、利用者登録の完了となります。

第3条(SDKの設定)
利用者は、当社の定める方法により、指定のSDKを利用者ご自身の責任において利用者アプリ内に設定することで広告掲載を行うものとします。なお、SDKの設置は、当社が別途定める期日までに設定いただけますようお願いします。

第4条(コンバージョン効果測定)
本サービスの動画広告において、コンバージョン計測を利用される場合には、以下の値を用いて計測を行うものとします。

iOSの場合:Apple広告ID
Androidの場合:Google広告ID

第5条(広告掲載料の支払い)
本サービスの利用における当社から利用者への広告掲載料のお支払については
広告掲載料は、別途定めるとおりとします。

第6条(支払い方法)
当社は、算出した広告掲載料が500円以上となった場合、以下の方法に従い、支払いを行うものとします。

【支払い通知または支払い通知書によるお支払】

当社は、掲載した広告実績に応じて、毎月末日で締切り(以下、「締切日」と言います)、広告掲載料を算出の上、実績金額を確定し、当社指定のウェブサイトの管理画面※における支払い通知、または支払い通知書として電子メールによって、翌月第2営業日までに利用者に通知するものとします。 (※開発中の場合は利用者に対して管理画面による広告掲載料の通知はありません)

第7条(知的財産権)
利用者は、アプリ・メディアの著作物に関して、第三者の権利侵害、違法行為等を行っていないことにつき保証し、一切の責任を持つものとし、問題が発生した場合、自己の費用と責任に於いてかかる問題を解決するものとします。また、利用者の責に基づき、当社と第三者の間で紛争が生じた場合には利用者が自己の責任と費用負担をもって解決するものとします。
本サービスの著作権、商標権等の知的財産権については、当社に帰属するものとし、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル等による知的財産権の侵害及び侵害の恐れの有る行為は一切禁止いたします。

第8条(禁止事項)
本サービスの利用にあたり、当社は以下各号の行為を禁じます。 (1) アカウントの第三者への貸与、または第三者と共有すること
前項に定める禁止行為が見受けられた場合、または当社が当該禁止事項に該当すると判断した場合には、当社の裁量において利用者に対しての本サービスの提供を停止、中止することができるものとします。
本条第1項の場合に於いて、当社が何らかの損害を被った場合、利用者は当社に対して損害の賠償をしなければならないものとします。
利用者が本条各項各号のいずれかに違反した場合には、当社は直ちに広告の掲載を停止することができるとともに、該当期間中に課金された広告掲載料金の支払い義務は消滅するものとします。また、当社が既に利用者に広告掲載料金の支払いを完了している場合であっても、遡って返金請求や損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第9条(免責)
本サービス及び当社が配布するSDKについて、その有用性、安全性、正確性、完全性、合法性、確実性、真実性等のいかなる保証も行うものではありません。また、広告表示回数等の広告掲載結果についても保証を行うものではありません。
当社は、本サービスが提供するSDK等の影響により利用者アプリが各アプリケーションマーケットの審査に通過しなかった場合において、係る損害の賠償や原因調査の責務を負わないものとします。
当社は、本サービスに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止、終了及び本サービスを通じて提供される情報等の消失、その他本サービスに関連して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

第10条(サービスの停止)
当社は以下各号の事由が発生した場合、本サービスの提供を停止、中止することがあり、利用者はこれを予め承認するものとします。(1) 本サービスの保守、定期点検上、やむをえない場合
当社が本条第1項の規定に従い本サービスを停止するときは、予め停止理由を利用者に当社所定の方法にて通知するものとします。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

第11条(機密保持)
利用者及び当社は、本サービスの提供又は利用において知り得た相手方の業務上、技術上、その他一切の秘密情報を公表もしくは第三者へ開示し、又は本サービスの提供又は利用による目的以外で使用してはならないことに合意するものとします。
前項の定めに係わらず、次の各号の一に該当する情報については、前項の適用外とします。

(1) 当該情報を知り得た時点で、既に公になっていた情報
(2) 当該情報を知り得た後、相手方の責によらない事由により公になった情報
(3) 両者協議の上、機密保持の対象としないこととした情報

第12条(通知)
利用者は当社からの連絡先として、住所及び電子メールアドレスについてあらかじめ当社に報告するものとし、当該連絡先に変更が生じた場合には変更の都度、当社に通知するものとします。
当社から利用者に対する通知は、前項に定める利用者の連絡先宛への書面又は電子メールによる送付・送信により行うものとします。なお、通知内容が当社から送付・送信されたときに利用者に対する通知が完了したものとみなします。前項に定める変更通知がないことにより、当社からの通知が行えなかった場合においては、当社は免責とさせていただきます。

第13条(本規約の変更)
当社は、本利用規約を適宜変更することができるものとします。なお、改訂に際しては電子メール等を使い随時、利用者に告知するものとします。
前項に基づき、本利用規約改訂を告知した日から当社が定める期間(定めがない場合は告知の日から1週間)以内にご利用終了の申し出がなく、継続して本サービスをご利用の場合には、本利用規約の改訂に同意したものとみなされ、利用者と当社との間で改訂後の規約の効力が発生するものとします。
利用者は、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知又は不承諾を申し立てることはできないものとします。

第14条(解除)
当社は、利用者が以下のいずれかの事由が生じた場合には、催告を要せず契約を解除し、本サービスの利用を差し止めることができるものとします。 尚、お申込み期間中内での利用者の都合による契約の解除はできないものとします。

(1) 本規約に違反した場合
(2) 信頼関係を損なうような重大な過失又は背任行為があったとき
(3) 支払の停止又は破産、民事再生手続き開始、会社更生法手続き開始、若しくは特別清算開始の申し立てがあったとき
(4) 手形交換所の取引停止処分を受けたとき
(5) 差押、仮差押、仮処分、公売処分、租税滞納処分その他公権力の処分を受けたとき
(6) その他財産状態が悪化し、又はその虞があると認められる相当の事由があるとき

第15条(協議)
本規約に記載のない事項及び記載された事項について疑義が生じた場合は、当社と利用者とは協議するものとします。

第16条(合意管轄)
当社と利用者との間で訴訟の必要が生じた場合には、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属管轄裁判所とします。

第17条(準拠法)
本規約及び本規約に基づく契約ならびに本サービス利用に関する一切の事項については、日本法を準拠法とします。

以上

平成28年5月1日制定

Bitnami
Bitnami